Uncategorized

Omiaiに本人確認証をアップしても大丈夫?個人情報保護について調べてみた

Omiaiの本人確認は安全!個人情報保護が徹底されている

Omiaiでも厳重な保護体制が取り入れられているので、たくさんの人が安心してアプリを利用しています。

個人情報保護認証「TRUSTe」による監査

TRUSTeはアメリカで生まれ、顧客の信頼を得るために徹底的に個人情報を管理しています。

2001年には日本のNPO「日本技術者連盟」が連携し、日本国内においてTRUSTe が提案している個人情報保護プログラムの普及活動が始まりました。

日本国内でも顧客の個人情報を守るために取り入れている企業が多く、400以上のサイトがTRUSTeの認証を受けています。

有名なところで言うとアメリカのディズニーやインテル、日本ではカブドットコム証券などが認定を受けているので、それだけでもTRUSTe の信頼性があがりませんか?

TRUSTeは第三者の立場で個人情報がしっかり管理されているか、個人情報を保護することユーザーにしっかり宣誓しているかなどを見守っています。

少しでもおかしいところがあればすぐに対応してくれますし、ユーザーの情報を第一に考えている会社です。

TRUSTeプログラムは日本の個人情報保護法に基づいて行われているものですが、ユーザーが求めるコンプライアンスは法律よりも高いので、TRUSTeはユーザーの希望に添えるように法律よりもお客様を重視しています。

TRUSTeは個人情報取扱従事者資格、個人情報管理者資格、個人情報保護最高責任者資格の3つを取得しており、多くの会社から絶大な信頼を得ています。

プライバシーが完全に保護されるように徹底して守ってくれるので、とても安心です。

OmiaiではTRUSTeを導入しているので、安全にアプリを使用することができるのです。

また、TRUSTeはアフターフォローも整っています。

3ヶ月に1度サイトレビューと抜き打ち検査によるチェックが行われるので、自己査定書通りに運営されているかどうか厳格にチェックされます。

TRUSTeに認証されたからオーケーというわけではなく、持続して個人情報をしっかり管理しなければ剥奪されてしまうので、長く安全にそのサイトを使用できるということになります。

Omiaiでは現在でもTRUSTeのマークが付いているので、保護力を落とすことなく個人情報がしっかり管理されているということになるのですね。

Omiaiの個人情報の注意点

Omiaiの有料会員になる場合は本人確認が必要となりますが、その際いくつかの注意点が挙げられます。

以下の項目に当てはまると有料会員になることができないので、くださいね。

本人証明書は塗りつぶしで隠せない

氏名と生年月日さえ写っていれば良いだろうと思って、身分証明書の一部分を隠して提出する人もいますが、それだと受理することができません。

すべての情報を提示しなければいけないので不正に利用されるのではないかと不安に思ってしまう人がいるかもしれませんが、それは本人確認と年齢確認にのみ使用されるものなので、不正に許される事はありません。

顔写真や住所などを隠してしまえばいくらでも身分を偽ることができますし、複製のアカウントを作ることができてしまいます。

そうなるとサクラや悪徳業者が入り込みやすくなってしまうので被害に遭ってしまう人が出てくるのです。

そのような被害者を出さないためにもOmiaiでは一部でも隠すことを禁止しており、徹底的な確認体制を取っています。

運営側がすべての情報の提示を要求しているにも関わらず、何度も一部分を隠して身分証を提示してしまうと運営側に怪しいと思われてしまうので、登録することができなくなってしまいます。

一度であれば「隠さずに提示してください」という注意だけで済むと思いますが、何度も繰り返してしまうと会社側にとっても不信感が高まりますし、身分証は隠すことができないということを頭に置いておきましょう。

クレジットカードのみでは登録できない

以前まではクレジットカードでも登録することができたのですが、クレジットカードのみでは本人かどうかを確認することができないと判断され、現在は登録できないようになっています。

本人確認や年齢確認は未成年や悪徳業者などがアプリを使用できないようにするためのとても大切な項目なのですが、クレジットカードだけでは自分を偽ることができるということがわかりました。

例えば、未成年だと親のクレジットカードを使って登録したりすることができます。それを考えた運営側がクレジットカード認証を取りやめることにしたのです。

登録の際に必要となる本人証明書は、
 運転免許証
 健康保険証
 パスポート
などになります。顔写真を見せたくないのであれば健康保険証を提示すると良いでしょう。

健康保険証だけでも全てが提示されていれば本人確認が可能となるので運転免許証を取得していないという人にも安心です。

本人確認を徹底しているからこそ変な人に合うリスクが低い

個人情報が満載の自分証明書を提示して登録するのは、誰でも抵抗を感じてしまいます。

いくら大手サイトだからといっても個人情報を渡すのはとても心配になってしまいますよね。

だからこそ、本気で出会いを求めている人が多く登録しているのです。

これまでに登録した人の中で個人情報が漏れてしまったり、不正に利用されてしまったりという事例は挙げられていません。

そのような悪いニュースが報道されてしまえば250万人もの会員数は誇っていないことでしょう。

これだけ多くの会員が登録する際は身分証を提示しているということになるので、それだけでも安心感や信頼性が高まりませんか?

徹底した本人確認が行われるので、遊び目的や勧誘目的の人が入り込むことができないのです。

そのような人たちは大抵本人認証がいい加減なサイトに流れていきます。

万が一そのようなユーザーが流れ込んできたとしても通報制度があるので、不審なユーザーをすぐに見つけることができますし、通報が多ければそのユーザーは強制退会となってしまうのでログインすることすらもできなくなります。

徹底した本人確認制度を取り入れているので変な人に出会うリスクも少ないですし、トラブルに巻き込まれてしまう可能性も少ないです。

セキュリティ面も徹底的に行われていますし、フォロー制度も整っているので安心してアプリの利用を始めることができますよ。